脱毛にはレーザーや皮膚が綺麗になるワックスがある

脱毛ジェル

脱毛にはレーザーやワックスを使った施術があります。医療レーザー機はクリニックなど医師が常駐している医療機関で使うことができます。

レーザーやサロンで施術が可能な光で施術することは多くなっていますが、ワックス脱毛も可能です。ワックスでの施術は実は歴史が古くヨーロッパなどではムダ毛の処理はこの方法が主流です。ワックスにも種類があり油性や水性、ハードタイプがあります。メリットはカミソリなどで自己処理するよりもキレイな肌が長持ちし、レーザーなどを使った施術よりも即効性があり施術直後から肌はムダ毛のないキレイな肌になります。産毛や日焼けしている肌にも施術が可能です。生えてくる毛は柔らかいため自己処理でカミソリなどで剃るよりチクチクしません。また、除毛すると同時に皮膚の角質も除去することができるため、美肌効果も期待できます。デメリットはムダ毛と一緒に皮膚も剥がれるため肌への負担が大きく、埋没毛など肌トラブルを起こすことがあります。除毛するためしばらくするとムダ毛は生えてくるため定期的に通う必要があり、施術時は痛みはあります。

脱毛方法にはいくつか種類がありますが、どれも特徴が異なるためライフスタイルに合った方法で施術をすると良いです。

レーザーやワックス 脱毛と肌荒れ

脇を気にする

脱毛にはいくつかの種類がありますが、ワックスは一気にムダ毛を抜けるので、手軽ですぐにムダ毛を無くしたいときには向いています。海外セレブのムダ毛処理でも人気を博しているので、日本女性たちが意識してトライしたい方法でもあります。

自分で処理をするときには、肌への負担を気を付けないとならないのは、一気に引き抜くので皮膚に、大きな負担がかかるためです。皮膚は強い刺激を受けて弱くなりますし、乾きますのでそのままでは、肌荒れを起こしやすくなります。プロのワックス専門店での処理であれば、スタッフが肌の状態を確認して、最後のトリートメントまで施してくれます。

ホームケアの場合は自己でのケアになるので、サロン並みの丁寧なトリートメントをして、肌を落ち着かせることで、健やかな肌を維持しやすくなります。ホームケアではシュガーワックスなども人気が高まっていますが、一時的な処理であることを忘れないことです。

しっかりと根元から処理できるのは、医療レーザー脱毛の処理方法です。レーザーを発して熱が加わるので、肌は乾燥をしやすくなり、肌荒れを起こしやすい環境にもなります。医療脱毛を受けたらスキンケアを十分にすることで、肌は健康な状態を維持することが可能です。

脱毛 レーザーとワックスの痛みの違い

脱毛箇所

ワックス脱毛は自宅でも出来ますし、エステサロンでも受けることが出来るので、夏が近づくと定期的に行う人が少なくありません。カミソリやシェーバーよりも綺麗な肌が長持ちしますし、仕上がりがチクチクせず、ムダ毛と一緒に角質も除去できるので、美肌効果もあります。

サロンやクリニックの脱毛に比べると即効性がありますし、日焼けをしている人や、産毛の処理もできるのでおすすめですが、かなりの痛みがあるので、下手に行うと辛い思いをすることになります。

剥がす方向とは逆の位置に手を添えてから、毛の向きに合わせてワックスを塗り、毛が生えている方向とは逆方向に勢いよく剥がすのがベストな方法ですが、うまく出来ない場合はエステサロンに行きましょう。

美容クリニックで受けられる医療レーザー脱毛は、レーザーの熱で毛根を焼切って破壊するので、輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、これは麻酔で抑えられるので怖がる必要はありません。

ワックス脱毛には毛根を破壊するような効果はないので、時間が経てば伸びてきますが、レーザーで毛根を破壊すれば生えて来なくなります。

ムダ毛が伸びて来るたびに痛い思いをしたくないなら、美容クリニックで医療レーザー脱毛を受けるようにしましょう。